こんなに愉快な本は読んだことがない Bill Bryson

ビル・ブライソン

bill-bryson
画像:THE TIMES OF INDIA

ビル・ブライソン 氏は英語圏では著名なノンフィクション作家です。

自身の旅行をつづったエッセイや、科学、歴史に関する著作が多いです。

なぜおすすめするかと言うと、私が個人的に彼の著作のファンだからです。

英語圏にもファンがたくさんいます。

彼の書籍は本当におもしろいです。

日本であまり名前が知られていないのが残念でなりません。

ユーモアのセンスがすばらしい

彼の文章はユーモアであふれています。

旅行をつづったエッセイは現地でのハプニングなどが多く記述されていますが、どれもいささか表現がオーバーです。

はっきり言ってあり得ないようなエピソードも多いですが、それがおもしろいのです。

日本人で英語を学習している人たちは、ジョークを言うときに下品な言葉に頼る傾向があります。

そういう人たちには、ぜひビル・ブライソン氏の本を手にとってもらいたいです。

彼の作品を読むと、英単語をこのように使用することで、個々では無味乾燥とした単語がこれほどまでにおもしろさを持つようになるのかと、つくづく感心させられます。

ビル・ブライソン氏のおすすめの洋書

ビル・ブライソン氏の書籍を紹介する前に言っておきますが、彼の文章は総じて英検1級より難易度が高いです。

英語学習者向けに書いた本ではないので当たり前といえば当たり前です。

ただし文章自体は読みやすいです。

では3冊ほど紹介します。

A Short History of Nearly Everything

a-short-history-of-nearly-everything
画像:A Short History of Nearly Everything

まずは『A Short History of Nearly Everything』です。

「科学というテーマで今までの歴史をひとまとめに全て述べてしまおう」という壮大な試みです。

あまりのおもしろさに、私は複数回読んでいます。

この本は、科学を扱った作品で特に優れたものに与えられる アヴェンティス賞 を受賞しています。

この作品のいいところは、科学という難しいテーマを誰もが気軽に楽しんで読めるよう工夫されているところです。

ぜひ読んでみてください。

本物の名著です。

A Walk in the Woods

a-walk-in-the-woods
画像:A Walk in the Woods: Rediscovering America on the Appalachian Trail

次は『A Walk in the Woods: Rediscovering America on the Appalachian Trail』です。

アパラチアン・トレイルと呼ばれるアメリカ東部の山脈を、ひとりの友人とともにハイキングするという、一種の旅行記のような作品です。

ビル・ブライソン氏の本全般に言えることですが、彼の旅行記は単なる日記ではありません。

歴史の解説書であり、環境問題への提言であり、友人との人間関係を記した本でもあります。

それらを彼独特のユーモアを交えて解説しています。

こちらの本で彼の作品のファンになったという人もいると思います。

おすすめです。

The Life And Times Of The Thunderbolt Kid

the-life-and-times-of-the-thunderbolt-kid
画像:The Life And Times Of The Thunderbolt Kid: Travels Through my Childhood

最後は『The Life And Times Of The Thunderbolt Kid: Travels Through my Childhood』です。

2016年大統領選にて共和党代表として立候補した、ドナルド・トランプ氏のキャッチフレーズは「Make America Great Again」でした。

トランプ氏はロナルド・レーガン時代のアメリカを想像しているらしいですが、このセリフはそのレーガン元大統領が使用していたキャッチフレーズです。

ということは、レーガン時代よりさらに前にアメリカの黄金期が存在していたということです。

人によってはその時代はズレるかもしれないですが、一般的に戦後間もない1950年代のアメリカは活気に満ちていたとされています。

この作品は、その1950年代に幼少期を過ごしたビル・ブライソン氏の伝記的な作品です。

子どもならではの無邪気な世界観や、冷戦当時のアメリカ人の核戦争に対する見方などが明瞭に伝わってきます。

こちらもユーモアたっぷりで、読者を飽きさせないストーリーとなっております。

過去のアメリカ合衆国を知るにもいい作品です。

一度読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク