洋書を辞書なしで読む自分が、英語学習者におすすめする書籍

洋書を読んでいて感じたこと

自分は辞書なしで洋書を難なく読むことができます。

純粋な日本人です。

真剣に英語の勉強を始めたのは22歳のときです。

そのときの英語力は・・・ほぼゼロです。

つまり、ある程度年齢がいってからでも英語の勉強は全然間に合うということです。

結論から先に言いますと、私が英語学習者におすすめするタイプの書籍は「ネイティブの方が教える英語の世界観を伝えるもの」です。

雑誌なども含めれば、今まで200冊以上の洋書を読んできたと思いますが、つくづく感じたのは「日本人が考えている英語と、実際の英語は別世界に存在する」ということです。

明らかに何かが足りていません。

「日本人の英語」は英語ではない

日本人の英語学習者の方たちが考えている英語と、実際の生きた英語には、ものすごい乖離 (かいり) があります。

その原因は「英語」というものを根本的に理解していないというところから来ていると思います。

そして、そのような人たちの多くは文法書をめくるだけで、洋書などを読むことを避けているケースが多いと感じます。

それでは一向に本物の英語は身に付けられないでしょう。

ただし、辞書を使用せずに洋書が読めるようになるには、長い道のりを根気よく進む以外に方法はありません。

ほとんどの人は途中で挫折していると思います。

私自身、アルカキット錦糸町前のスターバックスに毎週のように訪れ、そこでリラックスしながら洋書を読んでいますが、まわりに英語を勉強している人たちはたくさん見かけるものの、私のように洋書をスラスラとめくっている人はまずいません。

もちろん、洋書を読むということは強制することではありません。

文法書を使用するのも、その方の自由です。

ただしそれら文法関連の書籍には、英語の世界観というものが欠けている気がしてなりません。

ネイティブの方が教える英語の世界観

上でも述べましたが、私が英語学習者におすすめする書籍というのは、英語の世界観を理解する手助けになるタイプの本です。

結果として、著者はネイティブの方となります。

この方たちは、日本の滞在歴が長く、日本人が抱える「変な英語」に対しての理解が深いことが特徴的です。

そして、その私たちに対しての理解が本の内容をより良いものしているという印象があります。

実際のところ、洋書だけをただひたすら読むより、これらの書籍を併用するほうが効率よく生きた英語を理解できるようになるというのが、私の率直な感想です。

どうしても洋書を読むことには抵抗があるという人も、英語を学習しているのであれば、ぜひ手にとって読んでみてください。

目からウロコが落ちる経験をすることは間違いないでしょう。

また、ネイティブが書いた本以外に、単純に読み物としておもしろいものも含めています。

以下のページで紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク