例文で説明!仮定法における Hope と Wish の違いとその使い分け

Hope

未来の事柄に対しての望み

hope は「現実として可能性のある事柄に対してのあなたの望み」を表します。

現実としてありえることを対象としますので、すでに過ぎ去った過去のことではなく、これから来る未来のことに対しての表現として使用されます。

以下のようなケースです。

I hope to see you next week.

来週あなたに会いたいと思う。

hope

以下のような言い方もします。

I hope you get well soon.

あなたの健康がすぐによくなることを願います。

これに関しては、「健康がよくなる」と未来のこと言っているので、

I hope you will get well soon.

と、will をつけてもよさそうな気がします。

実際問題として、そのような言い方をしても文法的には問題はありませんが、このセンテンスの焦点は hope であり、hope しているのは、会話をしているその時点であり、未来ではなく現在であるという考えなります。

ネイティブの間でも議論になることがありますが、ここは単純に I hope you do … というように、hope の後は現在時制がくると覚えてしまったほうがいいように思います。

実際にほとんどのケースでは I hope you get well soon であって、I hope you will get well soon という言い方はしません。

ネイティブの間では単純に Get well soon のみで済ませているケースも多いです。

hope to の to という前置詞は過去から未来という時間の流れを表現する意味合いを持ちます。

その性質上、to を使用する動詞というのは未来の事柄を扱うものが多いです。

例としては以下のような動詞があります。

want decide expect offer intend

前置詞は In On At などの前置詞はイメージで理解するのが一番! で説明します。

過去の出来事に対する望み

hope は「過去に実際に起こった出来事に対してのあなたの望み」を表現します。

以下のようなケースです。

I hope you enjoyed it.

楽しんでくれたのであれば、よかったですけど。

これはほとんど、社交儀礼的なセリフと思ったほうがいいでしょう。

ちなみに、以下のような言い方もします。

I hope you have enjoyed it.

現在完了形です。

「過去形の場合とどう違うのか」と思われたかもしれないですが、実際ほとんど違いはありません。

どちらを使用しても、相手の受け取り方はほぼ同じでしょう。

というと、なにかモヤモヤしたものが残るので違いを述べると、

① I hope you enjoyed it.

② I hope you have enjoyed it.

①の過去形の hope は you が enjoy したということそのものに焦点が当たっています。

②の現在完了形の hope は enjoy したという経験も持つ現在の you の状態に焦点が当たっています。

hope の焦点がものすごく微妙に違うということです。

どちらを使用しても問題ないレベルでしょう。

では、過去形と現在完了形の違いは多くケースで、ほとんどないのかというと、そうでもなく、I ate と I have eaten など、ニュアンスにはっきりとした違いが出るケースもあります。

Wish

非現実的な望み

wish は「現実として可能性のない事柄に対してのあなたの望み」を表します。

以下のようなケースです。

I wish I were rich.

金持ちだったらいいのに。

実際は金持ちではないということです。

以下のようなケースも同様に wish がふさわしいです。

I wish I could speak perfect English.

完璧な英語が話せたらいいのに。

実際は英語は完璧には話せないということです。

I wish I were rich と were という単語を使用しましたが、I was rich という言い方もします。

本来は were が文法的に正しいです。

どの時点か、詳しくは知りませんが、was を使用する人たちが増えていき、今では文法的に正しいという扱いになってしまいました。

was は本来、単純に過去の出来事に対して使用する be動詞ですので、were を使用したほうが、より非現実性が増します。

会話の中では was で問題ないかもしれませんが、フォーマルな文章では were と記述したほうが、いいでしょう。

過去の行いに対しての後悔

regret

wish は「すでに変更が効かない過去の事柄に対しての望み」を表します。

よってその多くは、過去の行いに対しての後悔を表現する際に使用されます。

以下のようなケースです。

I wish I hadn’t made that decision.

あの決定をしなければよかった。

過去のことを悔いる場合は、had done と過去完了形になります。

以下のようなケースも同様に wish がふさわしいです。

I wish I had started learning English sooner.

もっと早くから英語を習っておけばよかった。

同様に had done です。

Hope と Wish を使用した例文

以下は hope と wish を同時に使用したケースです。

I wish My English were good.
But I hope to improve it as soon as I can.

私の英語のスキルが高ければいいのに。
ただし、少しでも早く上達したいと思う。

現在の英語のスキルは高くないので、wish を使用し、非現実なことを述べています。

そして、「上達したい」というのは現実的な望みなので hope を使用しています。

こうのようにしてみると hope と wish の違いがよく理解できます。

「なぜ、wish のような仮定法を使用する際は、過去形にする必要があるのだ」と思われたかもしれません。

これは人が非現実的なことに対して、空間的な距離を感じるからでしょう。

ちなみに、日本語の仮定法でも「~だったら」と過去形になっていますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク