例文で説明!Will と Going to と About to の違いとその使い分け

Will

会話の中で決定した意思

will は「未来に対しての意思」を表します。

I will go to a supermarket.

スーパーマーケットに行きます。

supermarket

will が持つニュアンスはその会話の中で決定した意思です。

以下のような状況でのやり取りが典型です。

仕事から帰宅した夫に対しての、妻が質問します。

Do you want to have dinner or take a shower?

食事を取りたい、それともシャワー?

I will take a shower.

シャワーを浴びるよ。

夫が、シャワーを浴びるということを決めたのは、この会話の中です。

will はこういった場面で使用します。

あなた個人の予測

will は「あなた個人の予測」を表します。

以下のようなケースです。

I think he will be late.

彼は遅刻すると思います。

遅刻するかどうかは、あなた個人の予測です。

will はこういった場面でも使用します。

Will be doing

will be doing は未来に対しての意思というより、「単純に未来の行動」を表現するという意味合いが強いです。

以下のようなケースで、違いを見てみましょう。

I will read a book.

I will be reading a book.

両方とも「本を読む」という未来の行動を表していますが、上で述べたように、will は「読む」ことに対しての、話し手の意思を含みますが、will be reading は、単純に「読んでいる」という未来の行動を述べているというニュアンスが強いです。

単純に「(未来に) なにをしている」ということを述べるときは will be doing を使用したほうがいいでしょう。

Going to

すでに決定している意思

going to が持つニュアンスは「すでに決定している意思」です。

以下のようなケースです。

Do you want to go see a movie?

映画を観に行きたい?

I’m going to see Mike.

マイクと会う約束があるんだ。

「マイクと会う」というのは、この会話の中で決めたことではなく以前に決定していたということです。

つまり意訳するのであれば、「約束」という意味です。

こういった場合には going to を使用します。

go see は、go to see の略語です。

英語にはシンプルさを求める傾向があります。

movie

映画は「観る」ものなので watch ではないか、と思われるかもしれないですが、go see a movie で go to watch a moive という含みがあるので、表現としてはいたって自然です。

watch a movie と言うと、家で DVD などで映画を観るというニュアンスがやや強いです。

ちなみに、「会う」という単語は meet と see と両方で表現できますが、 meet はややフォーマルで、友達に会う程度のことであれば see のほうが自然です。

街でばったり会ったということであれば、

I saw John today.

今日ジョンに会ったよ。

と、see を使用したほうがいいでしょう。

会う相手が初対面であれば meet のほうが自然です。

他人の予測

going to は「他人の予測」を表します。

ニュースや新聞で見聞きした事柄も含みます。

以下のようなケースです。

It’s going to be rainy today.

今日は雨が降るだろう。

weather-forecast

天気予報などで言われていることをもとに話す内容です。

こういった場面では going to を使用します。

About to

about to は「まさに今から行う行動」を表します。

I’m about to go out.

いまから外出するところです。

こういった場面では about to を使用します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク