例文で説明!May と Might の違いとその使い分け

ほぼ同じ意味という説明は不親切

chaos

「may と might はほぼ同じ意味だから、どちらを使用しても問題ない」と教わっていないですか?

そういう言い方をされると余計にモヤモヤしたものが残ります。

そこで、両者の違いを簡単に説明してみます。

May と Might の比較

初めに言ってしまうと might は may の過去形です。

ですので、現在のことを述べるには may を使用するのがふさわしいという議論が成り立ちます。

以下のようなケースです。

Her argument may be wrong.

彼女の議論は間違っているかもしれない。

対する might は過去のことを述べるときに使用するのがふさわしいという議論が、同時に成り立ちます。

以下のようなケースです。

He might have been taking drug.

彼は薬物を服用していたかもしれない。

以上の2つの例文は文法的に全く問題ありません。

ただし、現在では may と might の使い分けがそこまで明確になっているわけではありません。

以下のように might を現在の出来事に対して使用しても、ネイティブの方からとがめられることはまずないでしょう。

Her argument might be wrong.

つまり、これが「ほぼ同じ意味だから、どちらを使用しても問題ない」と言われる根拠でしょう。

supermarket

ちなみに might は may の過去形であるので、人が話した言葉を別の人へ伝えるときは以下のように、may は might に変わります。

“I may go to a supermarket”.

    

She said she might go to a supermarket.

May と Might の違い

その出来事は実際に起こったか

では両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

以下のケースで見てみましょう。

① If I had taken that train, the outcome may have been different.

② If I had taken that train, the outcome might have been different.

「もしその電車に乗っていたら、結果は違っていたかもしれない」という意味です。

どちらが、正しいでしょうか。

答えを言うと、どちらも正しいです。

ただし過去の可能性に言及した場合、実際それが起こらなかったとあなたが知っている場合においては might のほうがよりふさわしいです。

上のケースで言えば、あなたは電車に乗っていません。

あなたは当事者ですので、そのことは知っているはずです。

よって、この場合には②の方が、一般的にはよしとされています。

どの程度の可能性があるか

一般的には may のほうが might よりも可能性が高い事柄で使用されるとされています。

ただし、これは主観の問題なので、何%などと数値で表せることではないでしょう。

また、この「可能性が高い低い」という考えは、ネイティブの間でも日常会話において、そこまで厳格に使い分けられているわけではなさそうです。

ただし以下のように非現実的な仮定法においては might を使用するのがよりふさわしいとされています。

If I were male, I might join the army.

もし私が男性だったら、軍に入隊するかもしれないわ。

May I …? Might I …?

丁寧な要求で May I …? という表現がありますが、さらに丁寧に、かつフォーマルな言い方になると Might I …? という言い方があります。

ただし、Might I の方はほとんど使用されていません。

May でしか使用できない表現

「可能性」とは関係ありませんが、May は「祈願」を表す単語としても使用されます。

近くにいる人がクシャミをすると、以下のセリフを言うことが、お約束のようになっています。

Bless you.

お大事に。

これは正式には、

May god bless you

となります。

「神のご加護を」といったところでしょうか。

この場合の may は「祈願」です。

Might God bless you とは言いません。

実際はそこまで気にしなくても・・・

sunshine-through-trees

実際はそこまで両者の違いを細かくこだわる必要はないかもしれません。

ただし、言葉が違う以上意味も違います。

そこで、英語学習者の方たちが持っているモヤモヤとしたものが少しでも薄れるよう、簡単に説明してみました。

英語を話しているときは、とっさの使い分けができないかもしれませんが、文章を書いているときなど、考える余裕があるときに、意識して使い分けをしてみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク