例文で説明!No good と Not good の違いとその使い分け

No good と Not good の違い

英語学習者で no good と not good の違いが気になった方はたくさんいると思います。

これはかなり簡単に説明ができます。

no good とは「価値がない」という意味合いです。

not good とは「多少の価値はあるが、品質が低い」という意味合いです。

このような違いが両者には存在します。

No good と Not good の使い分け

以下の例文を見ると no good と not good の使い分けがはっきりすると思います。

This fish is no good. This is not edible.

この魚はダメだ。食べることはできない。


This fish is not good. This is not eatable.

この魚はあまりよくないな。美味しくないよ。

つまり、上記の例で言えば、no good とはそもそも食べることのできないものに対して使用する言葉です。

魚が腐っている場合など、食べるという面において、全く価値がないということです。

not good はそれとは違い、少なからず食べることはできるというものに対して使用する言葉です。

つまり、食べるという面において、多少なりとも価値があるということです。

理解できたでしょうか。

今後は意識して使い分けてみてください。

ついでに edibleeatable の違いを説明しておきます。

両方ともに「食べられる」という意味で説明されることのある形容詞ですが、意味ははっきりと違います。

edible は「そもそも人間が食べれないもの」に対して使用する言葉です。

毒キノコなどを思い浮かべるといいかもしれません。

eatable はそれとは違い「食べることはできるが、美味しいとはいえないもの」に対して使用する言葉です。

過去に英語のひっかけ問題で目にしたことのあるので、覚えておきましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする