格安の翻訳見積りはいくらか?いや、それ無料でできますよ

human-network

当サイトのお問い合わせに「翻訳業者に見積りを依頼するときはどうしたらいいですか?」という質問をもらったので、一番手っ取り早い方法を紹介します。

これ以上簡単な翻訳見積りの方法は個人的には思い浮かびません

これのどこがいいのか?

理由は簡単。

複数の翻訳業者に一括で見積りを依頼できます。

しかも、

見積りだけなら無料です。

非常に簡単にできるので、説明も簡単なものにしておきます。

見積り依頼方法

まず翻訳代行一括.jpに移動し、都道府県を選択後「一括お問い合わせ START」ボタンを押します。

翻訳代行一括.jp

※クリックで画像が大きくなります

まず初めにお住まいの都道府県を選択します。

例として「東京都」を選択し検索してみると、27件の翻訳業者代行が該当しました。

各業者名の左側にチェックボックスがありますが、このチェックを外すことでその業者を除外できます。

見積り自体はタダですし、多くの業者に見てもらったほうが選択幅も広がるので、特に理由が無ければ外す必要はないでしょう。

翻訳代行業者検索結果

※クリックで画像が大きくなります

次に下へと移動すると入力フォームがあるので、以下のようなことを入力していきます。

  • 翻訳言語:英語から日本語など
  • 翻訳分野:ビジネス一般、法律、医学など
  • 翻訳目的
  • 翻訳文の量
  • 納品形式:ワード、エクセルなど
  • 実施時期:1週間以内など
  • お問い合わせ詳細内容

お問い合わせ内容詳細入力フォーム

※クリックで画像が大きくなります

実際に翻訳をしてもらいたい文章を入力するわけではありません。あくまでも概要を示すだけです。

その他氏名やメールアドレスを記入する欄があります。

そして入力情報確認ボタンに進むわけですが、このボタンの下に「メールマガジン送付の可否」とあります。

キャンペーン情報が来たりするので、必要なければ「希望しない」を選択することをオススメします。

読む気もないメールが届くのは、あまりいい気がしないですからね。

ikkatsu-melmaga

その後入力した情報を確認し、最後に入力情報送信となります。

これで完了です。

で、その後どうなるのか?

その後は選択した業者から、あなたが入力した条件を元に見積りを出して連絡をくれます。

その中から、あなたがベストだと思う業者を選択するというだけです。

ものすごく簡単です。

見積り自体は無料ですが、実際に業者を選択し契約した場合は料金が発生します。

翻訳代行一括.jpのメリット

では翻訳代行一括.jpのメリットはなんなのか?

それは以下に尽きるでしょう。

  • 複数の翻訳業者にいっぺんに見積り依頼ができる

実際に経験がある人もいると思いますが、翻訳業者ひとつひとつに当たって行くのは面倒ですよね。

これから開放されるので、労力と時間をものすごく節約できます。

見積りだけなら無料というのも魅力的ですね。

翻訳代行一括.jpのデメリット

ではデメリットは?

  • 見積り料金と実際の料金がズレる可能性がある
  • 実際の契約にはお金がかかる

無料見積りでは業者に概要を伝えるだけなので、実際の料金が少しズレる可能性があります。

2倍3倍に膨れ上がるということは考えにくいですが、少しの変動は頭の中に入れておいたほうがいいでしょう。

実際の契約にお金がかかるのは仕方ないと思います・・・。

無料見積り依頼をしてみる

非常に簡単でしたが、説明は以上です。

興味がある人は一度利用してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク