天才ハッカーアイスマンの正体とマックス・バトラーの素顔 – 第1章

マックス・バトラーの人物像

天才ハッカーアイスマンの正体とマックス・バトラーの素顔 – 序章からの続きです。


囚人服を着たマックス・バトラー

マックスはアメリカ合衆国アイダホ州ボイシ出身で8歳の時にプログラミングを始めました。
 
ドキュメンタリー番組 American Greed のインタビューにて Visual Basic を使用したゲームだったということを述べています。

マックスの父、ロバート・バトラーはベトナム戦争の帰還兵であり、ボイシでコンピュータショップを営んでおり、マックスは店内にあるコンピュータに自由にアクセスできる子ども時代を過ごしており、彼自身、”I was a computer geek from young age”「幼いころからコンピュータギークでした」と答えています。

コンピュータギークと聞くと、その道には精通しているが、性格的には内気で、社交的に乏しい人たちというイメージが付きまといます。

平均的なことを言えば間違っていないかもしれません。

番組からは伝わってきませんが、マックスは少し違っていて、実は身長6.5フィート (約198cm) を誇る体躯の持ち主で、不良に絡まれても物怖じしない人物だったといいます。

そういったこともあり、中学時代に趣味を同じくしていたギークの仲間からは非公式ながらボディガードのような役目を任されていました。

オタッキーな人たちは体育会系の人たちと比べて腕っぷしでは劣るが、勉強に対してはマジメでよくできるというイメージがあります。

マックスはこのステレオタイプにも当てはまらなかったらしく、学校のカリキュラムをバカにしていて、授業に参加はするものの、机の上ではコンピュータ関連の雑誌や Phrack をプリントアウトしたものを読んでいるような状態だったらしいです。

ここでマックスのヤンチャっぷりがわかるエピソードをひとつ紹介します。

夜間の学内不正侵入


笑顔のマックス

ひょんなことから学内のマスターキーを手にした マックスは友達のひとりジョンと夜間に侵入し、壁にメッセージの書き込み、消火器の撒き散らし、理科室内の荒らしなど、やりたい放題暴れまわりました。

翌朝、もう一人の友人セスの電話が鳴り、出ると相手はマックスでした。「お土産を置いておいたよ」という言葉に従い、外へ出ると、理科室から盗んだ大量の薬品が置かれており、セスはパニックに陥ります。

すぐに裏庭に持って行き埋めようと穴を掘っていると母親が現れ、通報となりました。

事の経緯はジョンが校長室で自白し、マックスが乗っていた日産車からも薬品の証拠が検出され、事態を重く見た学校側により、マックスは追放処分となり、警察の御用となります。

このとき精神鑑定を受け、躁鬱 (そううつ) の傾向があるとの判定を受けていますが、マックス自身はその結果に不満を抱いたらしいです。

結果としては保護観察処分で収まりましたが、この事件はマックスの人間性を考える際に参考になります。

大学時代の彼女エイミー

amy

ここらへんから仰天ニュースでのストーリーと、私が実際に収集した情報に差異が出てきます。

番組で放送されたとおり、マックスにはエイミー (Amy) という名の彼女ができました。

ちなみに仮名です。

番組内では高校時代の彼女という設定ですが、実際に関係が深まったのは マックスが高校過程を終了してからということです (ちなみにエイミーの年齢はマックスのひとつ下)。

マックスに対する エイミーの第一印象はクールで、反抗心があり、かつヤンチャな雰囲気もあり、ボイシのほかの連中とは違うという感じだったらしいです。
 
マックスの強い勧めにより彼女は彼が熱中していたネットゲームを始めます。自らの趣味を共有してくれたんですからマックスのテンションが上がったのは想像に難くありません。

ただほどなくして、エイミーはオンライン上で友達を作り始めます。その中には当然男性も含まれていました。
 
所詮バーチャルな世界のことですがマックスは嫉妬し、次第に両者の関係は険悪になります。

ちなみに仰天ニュースでは彼女の携帯電話に侵入し他の男性と親密な関係を知ってしまったとなっていますが、私がいくら調べてもそんな話は出てきませんでした。
 
ちなみにこれ1990年の話なんですけど、アメリカでは学生が携帯電話を所持しているような時代だったんですかね。

こんなデータがあります。

アメリカ合衆国における携帯電話の加入者数
画像:Transportation Deployment Casebook/Cellular Telephone

1990年のアメリカの総人口が約2億5千万で、この表を見る限りでは当時の加入者は1千万もいない感じですから、マックスとエイミーがこの中に含まれるというのは確率的には考えにくいです。

ちなみにシカゴ出身の知人は「1990年に携帯電話を保有していたのは、金のあるビジネスマンだけ」と言っていました。

次章:天才ハッカーアイスマンの正体とマックス・バトラーの素顔 – 第2章

<アイスマン関連書籍>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク