暇人の英語雑記ブログ

英訳する際の注意点とコツ!直訳は絶対にダメ

2018.08.23コラム

英訳する際に「このことを気を付けておけば英語がそれらしくなる」という技をごく簡単に教えます。

英文ライティングにおいての極意ですが、実に多くの人たちが気づいていません。

まず以下の画像を見てください。

konami-english

Please open the aisle and look at.

言いたいことはなんとなく伝わりますが、読んでるこっちが恥ずかしくなるような英語ですね。

look(見る)って何を見るの?目的語は?

ツッコミどころ満載です。

以上は江東区のとあるコナミスポーツクラブに実際に貼られている注意文です。

以下が対応する日本語です。

konami-japanese

通路をあけてご見学をお願いします。

つまり初めに見た英語のサインはこれを直訳したしたものなんですね。

ここからが主題です。

翻訳する際は絶対に直訳してはだめです!これは多くの日本人が陥るワナです。

ではどうすればいいのか?

とても簡単。

元となる日本語の文章の「真意」を英語にしてしまうのです。

「通路をあけてご見学をお願いします」というのはつまり「通路をふさぐな」ということですね。

答えを言ってしまうと以下です。

Do not block aisle.

そのままです。「通路をふさぐな」です。

これでだいぶ英語らしい英語になります。

male-thinking
「見学」という言葉が無いぞ

↑ちなみに、このように思われたかもしれません。

これも日本人にありがちなミスです。

「見学」などという単語をわざわざ英語に置き換えなくても「Do not block aisle」で意味は通じます。

英語は極力シンプルにするよう努めましょう。誰もが見て分かることは英語では省く傾向があるのです。

これは前にバスタ新宿のお手洗いで見かけた英訳文に対して私がしたツイートです。

  • 日本語の真意を英語に
  • 英文は極力シンプルに

この2つを心に留めておくことで、あなたの英語は見違えてよくなります。

覚えておきましょう。

author

Post image for Facebook Like