おすすめの洋書をお探しの方、マンガはいかが?

無理をして活字を読む必要性はない

おすすめ洋書を探している方は、なぜかほとんどの場合「活字」であること、つまり小説やノンフィクションのようなものが前提になっているような気がします。

マンガではいけないのですか?

「日本語でも活字を読むのには抵抗があるけど、マンガは好き」という方も多いと思います。

特に、英語初学者の方にはマンガという選択肢をおすすめします。

実際のところ、英語で重要なスキルを聞かれて「スピーキング」と答える方は実に多いです。

もちろん「リスニング」や「リーディング」に「ライティング」と総合的にできるのが理想ですが、英語と聞くと、まずは話せるようになりたいという人が多いでしょう。

ならばマンガは最高の教材ではないですか。

説明するまでも無いですが、マンガの構成はほぼ会話です。

ということは、書かれているセリフを実際の英会話に活かせるということに他なりません。

「英語はフレーズで覚えてしまえ」ということを聞いたことはないでしょうか。

マンガというのは、フレーズ集のようなもの です。

アルファベットに慣れる

マンガというのは絵が主体となっていますので、物語を追うのは簡単です。

特に、初学者の方はアルファベットに慣れるという意味でもマンガから始めるのは、むしろいい選択だと思います。

手始めに『ドラえもん Doraemon』などはいかがでしょうか。

ストーリーが個々で完結しているので、区切りを付けやすいと思います。

マンガが読むのが退屈になってきたら、それはあなたの英語力が向上しているということに他なりません。

次に活字という選択肢があります。

おすすめの洋書を探しているという方は一度マンガを購入することを考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク