初学者必見!FUCK という単語は最高のタブー 絶対に使用してはいけない理由

FUCK の語源

fuck の語源として、よく言われている説では以下のようなものです。

king

伝染病により多くの市民が亡くなり、それを心配した王様が、子どもを多く産んで欲しいとの願いから発した声明が以下だった。

Fornicate Under Command of the King

「王の命令の元でのセックス」

FUCK はその頭字語に由来している。

参考:A F*cking Short History of the F-Word

fornicate とは婚姻関係にない男女間の肉体関係のことです。

上記がよく言われている話ですが、どうやら単なる俗説であり、本当の由来ではないようです。

fuck (fucking) という単語が初めて登場するのは16世紀という説が一般的です。

ドイツ語に由来していると言われていますが、以下のような話が伝わります。

とある修道僧が、道徳規範を記した資料に目を通しているときに、道徳が乱れた John Burton という自らの修道院長に対して怒りがこみ上げてきて、そのページの余白に書き記した。

O d fuckin Abbot

参考:A F*cking Short History of the F-Word

the-f-word
画像:Here’s the first recorded instance of the F-word in English

この修道僧はご丁寧にも他のコメントに1528年と記していたので、正確な年が分かります。

fucking には主に「一発やる」や、単なる下品な強調表現として使用されますが、この僧侶が、この言葉をどのような意味で使用したかは分かっていません。

FUCK は超が付くほど下品な言葉

fuck (fucking) という単語はとにかく下品です。

感情を強く表現する目的、または話に下品なユーモアを加えるために使用されたりします。

そのため映画やドラマなどで多用されます。

それらが原因となり fuck の下品さに大衆が馴染んでしまったということです。

実際にネイティブの人たちは世代を問わず、気の許した場所では fuck という言葉を実によくします。

ただ、だからといって気軽に言っていいかというと、そうではありません。

本来どれくらい下品かと言うと、人前で発すれば、皆がドン引きして言葉を失ってしまうという時代が、かつて存在したほどです。

最上級のタブーです

現在でも、上品な席上では、まず誰も発しない言葉です。

子どもが fucking という単語を使用すれば、教育熱心な母親の場合、ビンタでお仕置きをするでしょう。

そのくらい言ってはいけない言葉なのです。

以下の動画を観てください。

SBS insight という、素人が参加するオーストラリアの討論番組です。

この動画の回のテーマは、日本で言えば旧車会のような、集団でバイクを乗り回すギャングに関してのことです。

出演者も、ほとんどが現役のバイカーの人たちです。

ときには殺人も伴うような事件を数多く起こしていて、オーストラリアではちょっとした社会問題になっているようです。

動画の10秒あたりをご覧ください。

… supposed to be a free person, and get the fu … ah …

この話し手である恰幅 (かっぷく) のいいおじさんも、かつては傷害事件で逮捕された経験のある、ヤンチャな方です。

そのような経歴をお持ちの方でも、テレビカメラの前では fuck という言葉を発するのは、さすがにマズいと感じたのでしょう。

言葉をつまらせて、すぐに訂正しています。

fuck という単語はそれほどに下品で、人前で発してはいけない言葉なのです。

本来、この記事においても f*ck などのように記したほうがいいくらいです。

英語の初学者ほど多用する

fuck という言葉は、英語を理解していない人ほど多用する傾向があります。

逆に英語の上級者は使用しない人がほとんどです。

これは、この言葉の手軽さからくるものでしょう。

ですが、このような言葉に頼ってばかりでは、あなたの英語力は向上しないでしょう。

どうしても使用したいのであれば・・・

fuck という言葉は使用しないのが一番です。

ただし例外的に認められている (?) 場面が、ひとつだけ存在します。

それは、あなたが怒り狂っているときです。

i-am-mad

fucking という言葉はそのような場面で多用されます。

怒り狂っているときはタブーなど関係ないので、たしかに一理あります。

ですが、使用しないのに越したことはありません。

実は fucking を代用できる言葉があります。

bloody です。

こちらも決して品のいい言葉ではありませんが、fucking と比べるとかなりまともで、テレビカメラの前で発してもカットされることはないでしょう。

また bloody という単語で代用した場合、「この人は英語を理解している」という印象を与えることにもなります。

どちらも使用しないのが一番ですが、どうしてもという場合は、こちらを使用したほうが無難でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク