例文で説明!英語の現在進行形が持つニュアンスを簡単説明

現在進行形の基本

現在進行形の基本的な考え方は「現時点において進行中の出来事」を表すということです。

典型例は以下でしょう。

I am eating lunch.

昼ごはんを食べています。

lunch

日本語で「食べています」と言ったときと同様に、eating と進行形で表現すると、文章に動きを感じさせます。

最近の状況を表現

現在形の記事 でも述べましたが、最近の状況に関しては現在進行形で表現します。

以下のような例です。

I’m writing a book.

本を書いています。

この表現は、本を書いている途中に電話がかかってきて、このように返答したという状況も無くはないですが、それとは別に、友人などとの会話において、「最近なにしているの?」と質問されたときの返答としても使えます。

もちろん、その会話の最中に本を書いているわけではありません。

現在進行形は現時点での行動だけではなく、「最近の状況」を述べる際にも使用されるので、いたって自然な表現です。

破局間近のカップルで、例えば、女性のほうが「他の男性に会っているの」ということを、交際中の男性に伝えるときに、よく以下のような表現を使います。

I’m seeing someone else.

これは、その破局寸前の彼氏との会話で出てくる言葉なので、その時に例の他の男性にリアルタイムで会っているわけではありません。

最近の状況を述べているのです。

決定済みの予定を表現

以下の会話はどうでしょうか。

What is your plan for tonight?
I’m seeing John.

coffee

違和感を感じますか?

これはきわめて自然な英語です。

決定済みの予定は現在進行形で表現する のです。

未来を表す表現としては大雑把 (おおざっぱ) に述べると以下が存在します。

Will do…

Will be doing…

Be going to do…

About to do…

ただしこれらは 例文で説明!Will と Going to と About to の違いとその使い分け で説明します。

上記したように、I’m seeing John と述べると「Johnさんに会っている」というその未来の状況を表現している感じを受けます。

皆さんも決定済みの予定を伝える際に、現在進行形を使用してみてはいかがでしょうか。

以下の2つはどう違うのでしょうか。

① I’m seeing John.

② I’m going to see John.

両方とも「会う」という予定を表します。

答えを言ってしまうと、以下のようなニュアンスの違いがあります。

① 会った後になにをするか詳細まである程度決まっている

② とりあえず会うという予定だけ決まっている

覚えておきましょう。

おすすめの書籍

更に深く知りたいという方には『ネイティブが教える 英語の時制の使い分け』をおすすめします。

現在進行形を扱った章では以下のような文章があります。

問題:次の英文を、ニュアンスの違いを出して日本語にしてください。

1. How do you like your new phone?
2. How are you liking your new phone?

解答:まずはじめに「2は英語として不自然なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、どちらも自然な英語です (ただし2は口語的な表現になります)。
  ネイティブはlikeのような状態動詞をあえて現在進行形にすることで、今のlike (好き) という状態を強調します。そのため正解は次のようになります。

  1. 新しい電話はどう?
  2. 新しい電話は気に入ってる?

このような用法は一般的な英語教育ではほとんど目にしないですね。

普通に見たら「まさか?」と思ってしまうようなことも、ネイティブの人が編集している本ということで、安心感があります。

実際にこのような、状態動詞を現在進行形にするという表現方法は日常会話で用いられています。

また、ここでは現在進行形のみを扱いましたが、この本の中では過去進行形や未来進行形も扱っているので、それらのニュアンスを知りたい方にもおすすめです。

ぜひ一度手にとって読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク