暇人の英語雑記ブログ

在宅、未経験可!翻訳の求人に興味がある方はこちらまで

2018.10.022017.01.14求人

翻訳で生計を立てたいのならアメリア

laptop-and-note

male-thinking
翻訳の仕事で生計を立てることを考えているが、どこで仕事がもらえるのか?

↑あなたはこのようなことを思っていませんか?

そのような場合、仕事を獲得するために自ら積極的に行動する必要があります。

ある程度の実績がありこの業界で名前が売れている方であれば自ら行動を起こさなくても翻訳依頼が舞い込みますが、いくら実力に自信があっても無名では絶対に来ません。

そのような方におすすめするのが、翻訳者のネットワークであるアメリアです♪

ここでは常時200件以上の求人情報を掲載しており、また入会者の人たちに月平均50件の新着求人を週2回のメールマガジンでお知らせしているので、新たな翻訳案件情報を知るにも良い手段となっています。

ここでは翻訳者として生活をすることのメリットをいくからお伝えします。

翻訳者ネットワーク・アメリアを見てみる

在宅勤務ができる

翻訳の仕事の魅力といえば在宅勤務でしょう。NHK クローズアップ現代でも取り上げられたように、今にわかに注目を集めています。

翻訳作業において契約する主体は翻訳者の方個人なので、会社に勤務する必要はありません。

毎日満員の電車に揺られ会社に行くというストレスから解放されることを考えると、それだけで翻訳の仕事に魅力を感じるのではないでしょうか。

また自分自身で働く時間を決めることができるというのもメリットですね♪

そもそも語学力や専門知識を活かせる仕事として人気の翻訳業は在宅勤務のフリーランス契約が多いため、あなたの実力さえあれば住んでいる場所や年齢に関係なく関わることが可能です。

もちろん育児中などの期間でも取り組むことができるお仕事です。

ワーク・ライフ・バランスと呼ばれる「仕事と生活の調和」に注目が集まっていますが、在宅勤務は仕事と自身の生活バランスの両立がしやすい就業形態と言えるでしょう。

アメリアの翻訳者ネットワークに入会した人の中には副業として取り組みながら腕を磨き、専業翻訳家にステップアップされた方もいます。

スキルアップができ翻訳依頼も

アメリアでは英語のみならず、中国語、韓国語、またはその他の言語の翻訳の仕事も扱っています。

ここでは英語を前提として話を進めますが、そもそも語学知識はその人の能力であり常に磨く余地があるものです。

英語に限らずひとつの言語に魅了されてしまう人たちがいるのは、日々の学習により自身の能力が向上することに喜びを感じるという側面があるからです。

サラリーマンとして日中働いている方で海外旅行などに興味があり、趣味として英語を習うというケースがありますが、翻訳であればその仕事が直接自身のスキルアップにつながります。

つまり翻訳という仕事そのものが英語学習なのです。

ちなみに翻訳で生計を立てている人の全てが同様のスキルを保持しているわけではありません。もともとのスキルが高い方もいれば、翻訳作業を続ける中で自身の能力を少しずつ向上させていく方も存在します。

そしてあなたが翻訳者としての能力が高いと判断されると、あなた個人を目的にスカウト案件が発生します。

お金を稼ぐと同時に自身の能力アップにもつながり、実績を積むことにより仕事が手元に舞い込んでくるという良い循環ですね。

アメリアは翻訳一筋で生活をしたい方にとって、とても魅力的なシステムと言えるでしょう。

未経験可の案件多数

living-room

アメリアでは翻訳者として仕事をした経験がない方でも応募できる案件が多数存在します。

また実績重視の翻訳業界では通常7-8割の求人で何らかの実務経験が求められます。

これでは実力はあるのに、そもそも仕事を獲得することができないというジレンマに陥ってしまいますね。

そこでアメリアでは翻訳を任せることができるレベルの証明として「クラウン会員」という制度を設けました。

これは実務・出版・映像など、10の分野で毎月開催する「定例トライアル」と呼ばれる翻訳の模擬試験です。あなたが作成した訳文を第一線で活躍するプロの翻訳家の人たちが6つのレベルで判定します。

そして合格基準を満たした場合クラウン会員の資格が与えられ、実務未経験者でも翻訳の仕事が受注できるようになります。

定例トライアル:課題・訳例・講評サンプル

female-anxious
翻訳の求人を探したが、未経験で受注できる仕事が見つからない・・

↑あなたも、このように悩まれた経験があるでしょう。

アメリアではこのような心配は無用です。

最終的には専業翻訳家になるのが目標であるという人も、その最初の一歩をアメリアの翻訳者ネットワークで踏み出してみてはいかがでしょうか♪

翻訳者ネットワーク・アメリアを見てみる

author

Post image for Facebook Like