WordPressのオリジナルテンプレート完成!

トランプ大統領、今日のツイート(2017/12/03)

フリン前大統領補佐官について

副大統領(ペンス氏)とFBIに嘘の報告をしたので、私はフリンを解雇するしかなかった。

彼はこれらの罪を認めている。

別に隠し事などない。

意味だけをごく簡単に抜粋すると以上のような感じです。

つまり「フリンが隠れてこそこそロシア側と連絡を取っていただけで、俺は関係ない」ということでしょう。

日本でも報道されていますが、実際のところこの件に関してトランプ大統領はかなり追い詰められている感があります。

そのフリン氏とロシア側の会合を指示したのが娘婿であるクシュナー氏と言われていますね。

報道ではフリン氏は完落ちし、捜査に対して協力姿勢を見せているらしいので、次にターゲットになるのはクシュナー氏です。

義理の息子でさらに選挙顧問まで務めていたような立場の近い人間が行っていることを、トランプ氏が知らなかったとは思えません。

「最終的にクシュナー氏の有罪が確定したら、トランプ大統領は彼を恩赦するのはないか」という噂まで、まことしやかにささやかれています。

そんな縁故主義のようなことが本当にできるんかい!と思ってしまいますが、彼ならやりかねないんですよね。

同日に次のツイートが続きます。

フリンはFBIに嘘をつき人生が破滅したのに、悪党ヒラリー(Crooked Hillary)は幾度となく嘘をついたのに何も起きなかった。

その上で「Rigged systemだ!」と叫んでいます。これはトランプ氏の口癖です。自分に対して不利な状況になると毎回言ってます。

これは日本語でなんと訳したらいいのか、いい言葉が頭に浮かびません。意味的には「裏で不正に仕組まれた体制」といった感じです。

Crooked Hillaryは大統領選挙期間中に彼がヒラリー氏に対して行っていたキャンペーンです。

Crookedは「不正な、不正直な」と言った意味ですが、ここでは「悪党」がしっくりきます。すこし可愛らしく聞こえてしまいますが、トランプ氏自身、

We affectionately call her ‘Crooked Hillary’.

愛情をこめて”悪党ヒラリー”と呼んでいる。

と小バカにしていました。

このように微妙に視点をズラそうとしているところからも、トランプ氏が焦っていることがうかがえます。

公民権運動のきっかけとなった事件

モンゴメリー・バス・ボイコット事件への言及です。

62年前の今週の出来事なんですね。アメリカにおける公民権運動のきっかけになった事件です。

ちなみにトランプ大統領は人種差別主義者だと思いますか?

私はNoです。明確にNoです。

彼が白人優越主義者だとはとても思えません。

著名なアフリカ系共和党議員であるベン・カーソン氏も「彼は人種差別主義者ではない」と、リポーターからの質問を一蹴しています。

「最も熱烈なトランプ支持者」を自称するDiamond and Silk®も見てのとおりアフリカ系アメリカ人です。

彼から人種差別的なオーラを感じていたら支持者にはなっていなかったのはないでしょうか。

ちなみにトランプ氏は彼女たちをTwitterでフォローバックをし、たまにお互いをリツイートすることもあります。

ではなぜ彼は人種差別主義者と疑われることがあるのでしょうか?

ひとつは彼の支持層でしょう。

大統領選挙中のトランプ氏の政治集会でクランズマン(KKKのメンバー)やネオナチがいたことは事実です。

confederate-flag
レベル・フラッグ

またレベル・フラッグ(南北戦争時の南部旗)がデザインされたTシャツを着ている人たちもいました。

※南軍は奴隷制を肯定していたのでレベル・フラッグは人種差別の象徴と見なされることがあります

しかもこの人たち、実数は少ないのに意見が過激なんで目立つんですね。

ここから「人種差別主義者たちに支援されているトランプもそうであるに違いない」と考える人たちが出てくることになりました。

ただしこれは論理が飛躍しすぎています。

トランプ氏の公約で彼らの心に響いたのは、不法移民の強制送還や、メキシコとの国境に立てる壁などの話でしょう。

正真正銘本物の人種差別主義者はユダヤ人を毛嫌いします。

トランプ氏には5人の子どもがいますが、その中でも特にお気に入りと噂されているイバンカ氏の夫クシュナー氏はユダヤ人ですよ?しかも彼女も結婚前にユダヤ教に改宗しています。

そんなこと人種差別主義者の父親が許すでしょうか?

この話は彼を毛嫌いする人たちの妄想か、もしくはイメージダウンを図る工作のようなものでしょう。フェイクニュースですね(笑)


どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。
  • はてなブックマーク share button
  • Pinterest share button
  • Pocket share button
  • LINE share button
  • Instagram follow button
  • Feedly follow button
  • RSS follow button