結局どの洋書を読めばいいのか? 一番簡単な解決方法

自分が読みたい洋書を読めばいい

dusty-books

自分が読みたい洋書を読めばいい

これが答えです。

ただし、それだといささか単純すぎるので、もう少し説明いたします。

背伸びをしてはいけない

「読みたい」といっても、「格好をつけて難しい本を読みたい」という思考にならないようにしましょう。

必ずと言っていいほど、失敗します。

読書が好きな人でも、洋書となると、英語の勉強という要素が入ります。

読むために購入はしたが、いまでは部屋でホコリをかぶっている、ということを想像してみてください。

英語の勉強は始めたが、途中で挫折してしまう方は、大勢います。

そうはならないよう、自身のレベルを考えて洋書を選んだほうがいいでしょう。

「そんなこと言われても、読めないよ!」と思われたかもしれません。

英語の初学者の方にとっては特にそうでしょう。

読みたい洋書はあるが、自分のレベルに合っていないというのであれば、将来的にその本を読むという目標を立て、今は難易度の低いものから、読みたい洋書を選んでください。

マンガという選択肢

日本のマンガの英語版が、海外から逆輸入される形で、日本でも購入可能です。

読んだことのあるマンガでもいいでしょう。

ストーリーを楽しむというより、英語の使われ方を学ぶという視点で読むのです。

特にセリフを覚えている、というくらいまでに読み込んだマンガであれば、それの英語版を読むことで、英語の使われ方などから、多くの気づきが得られるでしょう。

doraemon
画像:ドラえもん Doraemon

ドラえもんワンピース名探偵コナン など、多くの人気マンガが英語版として出版されています。

結局は自分が読みたい洋書を・・・

結局は自分が読みたい洋書を読めばいいのです。

「自分のレベルにあったものから」という条件付きですが。

いい洋書を選ぶ自信がない、という方は当サイトの 洋書一覧 も参考にしてみてください。

初学者の方は、挫折だけしないよう、極力ページ数の少ないものから手を出したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク