天才ハッカーアイスマンの正体とマックス・バトラーの素顔 – 第4章

刑務所での出会い

jeff-norminton

マックスはオリの向こうで番組でも少しだけ登場したジェフ・ノーミントン (Jeff Norminton) と出会います。

2人は毎日のように刑務所内の庭を散策し、何をしたのか、何ができるのか、など色々と話し合ったようです。

ノーミントンはマックスのハッカーとしてのポテンシャルを見抜いており、証券取引口座に侵入し一発ドカンと大金を海外の口座に移して余生を過ごせたら、というような話もしたらしいです。

ちなみにこのときキミから離婚の提案がありましたがマックスは拒否しています。

その後、社会復帰訓練所という娑婆に出る前の施設に移された後、以前ホワイトハットとして契約していたシリコンバレーのいくつもの企業に連絡を取りましたが、今回ばかりは稀に見る大規模サイバー犯罪とそれに伴う1年以上 (18ヶ月) の服役ということもあり、ほぼ全てに拒否されています。

前に彼女のエイミーとのいざこざにより逮捕され、それが原因で就職活動に苦労するとう仰天ニュースの放送内容には実際の話とズレがあると言いましたが、マックスの就職難は以上の理由からだと私は思うからです。

マックスは以前は1時間$100でペネトレーションテストを請け負っていたが (実はこれも破格の値段) 今は最低沈金の$6.75で受ける用意があるとまで言い出しました。

これにはさすがに、とあるコンサルタントから返事が来てマックスはこれを受けます。

その仕事はサーバを構築するといったマックスが子どもの頃に父の手伝いでやっていたようなことだったらしいです。

ちなみに自給は$10。

退屈だったでしょうね。


マックスとチャリティー・メイジャーズ

この頃キミとはまだ離婚していませんが、一方でチャリティー・メイジャーズ (Charity Majors) という女性と交際を始めます。

地味にリア充してますね。

マックス ハッキングに失敗

社会復帰を目指すマックスに救いの手が差し伸べられます。

シリコンバレーのかつてのクライアントです。

ハッカーとしてのプライドに燃えたのか、マックスはその企業のファイアウォールへの攻撃を開始します。

ただし、驚くことに数ヶ月かかっても侵入できなかったらしいです。

マックスがオリの向こうにいる間に、かつて請け負っていた企業のセキュリティは格段に向上していたのです。

彼女のチャリティーに対して「今まで侵入に失敗したことなんてないのに」と落胆したように話したといいます。

不満の限界に達したマックスは禁断の手法を用います。

その企業の複数の従業員に対してウィルスが仕込まれたサイトへのリンクを貼った Eメールを送り付けて、それらのパソコンの侵入に成功した後、そこから社内のネットワークに入るということを行ったのです。

この頃マックス自身もホワイトハットの仲間の一人に「これ以降はクライアント中心の攻撃も (ペネトレーションテストに) 含めるべきだ」と書いています。

ただしこれには企業側から感謝されることなく、逆に激怒されてしまいます。

サーバのセキュリティ強度の判定を依頼しているのにクライアントサイドを直接攻撃されているのですから怒られて当たり前でしょう。

金に困り果てているマックスがそうこうしていると自身が運営する Whitehats.com に一つのメールが届きました。

オリの中の旧友ジェフ・ノーミントンからでした。

ノーミントンはこのとき監視下での保釈という状態であり、禁酒例がでているにもかかわらず飲酒をしていて社会復帰はあまり順調ではありませんでした。

そこでマックスに連絡を取り、刑務所で交わした約束を実行するときが来たと話します。

マックス自身は犯罪から縁を切ろうとしていたものの、かつてのプログラマの仲間たちからは冷遇される、食事はヌードルと野菜だけ (マックスはベジタリアン)、健康保険なしで歯に問題を抱えるなど散々な状況でありノーミントンのアイディアに乗ることにします。

そこでマックスはノーミントンにいくらか必要な物のリストを渡します。

それはハイスペックのノートパソコンと巨大なアンテナだったということです。

ただしここで一つ問題があり、それはノーミントン自身が無一文に近い状態だったということです。

そこでノーミントンはひとりの人物に連絡を取ります。

クリス・アラゴン (Chris Aragon) の登場です。

ここで番組の放送内容を少し整理します。

① マックスは FBI捜査官に裏社会のハッカーたちが集う意見交換の場に案内された

② 車内から店内の客がクレジットカードで精算するときに発するデータをキャッチして盗んだ

③ 手っ取り早くカード情報を盗むため、巨大なアンテナを用意して根こそぎ盗んでいった

結論から言うとこれら全て事実誤認です。

max-in-a-bar

①の話は仰天ニュースはいったいでこで仕入れてきたのでしょう。

私が海外の資料をいくら調べてもそんな話は出てきません。

max-wardriving

②は wardriving という手法で一時期盛んに行われていました。

これに関してもマックスが行ったという話は見つかりませんでした。

max-with-a-huge-antenna

③はもうお分かりだと思いますが、巨大アンテナ自体アラゴンが仕入れた物であり、番組内でマックスが使用している時期は彼に出会う前というミスがあります。

更にいうと、巨大アンテナは POSシステムから流れてくるデータをキャッチするためではなく、仮にサイバー空間での行動を警察にトレースされてもマックスまでは容易に辿り着けないよう利用する他者の無防備なアクセスポイントを探索するためというのが事実です。

なんかここまでくると事実誤認という次元の話ではないような気がします。

ちなみにあまり関係ないですが、マックスを演じていた人って誰なのでしょう。

私が昔観ていたアメリカのテレビ番組 Scare Tactics に出演していた俳優さんに似ていますが、自信をもって言えるわけではありません。

話を進めます。

クリス・アラゴン

chris-aragon
クリス・アラゴン

クリス・アラゴンはどちらかといえば恵まれた環境で育っており、母であるマリーン・アラゴン (Marlene Aragon) はハリウッドで声優をしており、ABC の Challenge of the Superfriends に登場する Cheetah の役をしたりしていたということです。
 
彼自身はマックスと出会う前から複数の強盗事件を起こしており、逮捕歴もあります。

仰天ニュースを見る限りでは天才コンピュータハッカーであるマックスと、彼の技術を利用してぼろ儲けをするクリス・アラゴンのような印象しか持たない人たちがたくさんいるかもしれませんが、実はアラゴンはマックスと出会う前に新興企業にコンピュータ機器などをリースする事業 (Mission Pacific Capital) を営んでおりコンピュータに関しては明るいタイプでした。

luke-dembosky
ルーク・デンボスキー

実際にアイスマン事件を担当した検事であるルーク・デンボスキー (Luke Dembosky) も American Greed のインタビューにおいて、”Aragon was also quite computer savvy…”「アラゴンもまたコンピュータにかなり精通していた…」と述べています。

写真で見るとジョージ・クルーニーを彷彿とさせる (言い過ぎ?) 渋い風貌をしていますが、実際にまあまあの色男だったらしいです。

一時は好調な事業も、Dot-comバブルがはじけるとともに大企業が同様のサービスに進出という事情もあり、結局会社は潰れてしまいました。

番組では独身かのような演出でしたが実はアラゴンも既婚者であり、そういう状況下で妻が次男を身ごもるという経済的に困窮している時期にノーミントンからマックスの話が舞い込んできたのです。

cris-aragon-in-gyoten

番組内ではマックスと知り合ったときにすでに偽造クレジットカード詐欺団のリーダーとなっていますが、その犯罪に手を染めるのはマックスとタッグを組んだ後の話なので事実誤認です。

ちなみにこの出会いでマックスの技術力を見込み行動を共にすることを決めたという話の展開になっていますが、実際はノーミントンから話が回ってきたときに興味を抱き、マックスと実際に会う前にすでに資金援助を始めていたので、ここも番組の内容は順序が逆です。

FBI のもとで働くマックスに警戒心を抱くような場面もありますが、すでに話した通り BINDアタックによりマックスと FBI の縁は切れており、これもまた事実誤認です。

このコーヒーショップの出会いで打ち解けた2人はノーミントンも含め3人で Holiday Inn に移動しました。

どうやらアラゴンがマックスのハッカーとしての実力を測りたかったらしいです。

マックスはアクセスできる Wi-Fi にタダ乗りをしハッキングを開始します。

彼の手法は (というより多くのハッカーの手法) インターネットの広範囲にスキャンをかけ、既知の脆弱性を持つネットワークを発見し侵入を試みるというものです。

おそらく Metasploit のようなツールを使っていたのだろうと私は勝手に想像しています。

「金融機関のネットワークでも ECサイトのネットワークでもすぐに侵入できる」とマックスが自信を示すと、アラゴンは完全に呑まれてしまったということです。

「こいつは本物だ」

こんなことは言ってないかもしれませんが、そう思ったことは間違いないでしょう。

アラゴンと組んだ後、なんとなくの思い付きでキミと彼女の新しい恋人のパソコンに侵入しています。

この時、彼女のアドレスブックに登録されている友人にキミがいかに不誠実か、というような嫌がらせのメールを一斉送信することも考えたらしいですが結局は実行しませんでした。

その後すぐに正式に離婚しています。

というわけでようやくこの物語の主役が揃いました。

次章:天才ハッカーアイスマンの正体とマックス・バトラーの素顔 – 第5章

<アイスマン関連書籍>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク