例文で説明!Possibility と Probability の違いとその使い分け

「可能性」の意味合いがそもそも違う

possibility と probability は両方とも「可能性」と訳されますが、その意味にははっきりとした違いが存在します。

例文を使い説明していきます。

Possible

possibility は possible の名詞形です。

possible を使用した以下の例文を見てください。

Winning the lottery is possible.

宝くじに当選することは可能である。

possible が示す「可能性」とは単純に Yes か No という問題です。

宝くじは可能性が低くとも、当たりくじが存在するのであれば、当選する可能性はゼロではありません。

よって possible なのです。

Probable

probability は probable の名詞形です。

probable を使用した以下の例文を見てください。

Winning this game is probable.

この試合に勝つ可能性は高い。

日本語訳を見てもらえれば分かるとおり、probable が示す「可能性」とは「ありえそうなこと」という意味での可能性 です。

結果として以下のような使用方法は不自然です。

Winning the lottery is probable.

宝くじに当選する可能性は高い。

このようなことを言われたら詐欺としか思えません。

ちなみに可能性が高いことを強調する場合は、highly probable と言います。

ロシアンルーレットで知る両者の違い


画像:Are You Still Playing Russian Roulette with Google?

もう少し具体的に両者の違いを説明します。

ロシアンルーレットに参加することを想像してみてください。

リボルバー式の拳銃に弾を一発だけ入れて、リボルバーを回転させてから自分のこめかみにあて、引き金を引きます。

あなたの頭に思い浮かぶのは以下のことでしょう。

① あなたが犠牲者となる可能性は Yes か No である

② あなたが犠牲者となる確率は 1/6 である

①を possibility と言います。

②を probability と言います。

どうでしょうか。

このように見てみると、違いがよく分かると思います。

今後は両者を意識して使い分けるようにしてみましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする