例文で説明!仮定法における Will と Would の違いとその使い分け

仮定法現在

If it does, I will というのは「現実として起こりえること」に対しての仮定法です。

rain

以下のようなケースです。

If it rains, I will be late.

雨が降ったら遅れる。

雨が降るのも、それによって遅れるのも、現実として起こりえることですので、この形となります。

If it will, I will

日本の英語教育では If it will, I will という形はあまり教わっていないかもしれません。

以下のようなケースです。

If it will rain, I will be late.

雨が降ることになったら遅れる。

これは、自然な英語です。

If it rains, I will be late と比べ、少しだけ意味合いが変わります。

仮定法過去

If it did, I would というのは「現実ではないこと」に対しての仮定法です。

currency

以下のようなケースです。

If I were rich, I would be happy.

もし金持ちだったら、私は幸せだろう。

実際は金持ちではない、ということを意味する仮定法です。

If it did, I would は「~だろう」という意味合いですが、If it did, I could となると「~できるのに」となります。

以下のようなケースです。

I were rich, I could live in a big house.

もし金持ちだったら、大きな家に住めるのに。

would とは意味合いが変わるので注意しましょう。

ちなみに、If I were rich … というのは If I was rich … とも言えます。

その違いについては ちょっと寄り道 で説明していますので、そちらをご覧ください。

仮定法過去完了

If it had done, I would have done というのは「過去の出来事に対しての仮定」です。

つまり、実際には起こらなかったことです。

platform

以下のようなケースです。

If the train hadn’t been late, I would have got there in time for the meeting.

電車が遅れていなければ、打ち合わせに間に合っていた。

If it had done, I would have done は「~だったのに」という意味合いですが、If it had done, I could have done となると「~できたのに」となります。

以下のようなケースです。

If the train hadn’t been late, I could have got there in time for the meeting.

電車が遅れていなければ、打ち合わせに間に合うことができた。

would とは意味合いが変わるので注意しましょう。

「would have ときたら get の過去分詞である gotten で would have gotten ではないか」と思われた方がいるかもしれませんが、got で問題ありません。

自然な英語です。

gotten というのは、主にアメリカとカナダで使用されます。

gotten は昔イギリスでも使用されていましたが、18世紀頃に got に取って代わり、理由は不明ですが、北米で再び使用されるようになったという歴史があります。

そのため、アメリカで作られた英単語として勘違いされ、イギリス英語を正統な英語として信じる人の中には gotten という言い方を嫌う人もいるようです。

ただし ill-gotten など、ひとつ単語として成立しているものは got で置き換えることはできません。

If it had done, I would / could do

過去で完結している話から、現在のことを仮定の結果として表現することもできます。

以下のようなケースです。

If I had won the lottery, I would be rich now.

宝くじに当たっていたら、いまごろ金持ちだよ。

「金持ち」というのは今の状況を仮定しているので、would be なのです。

would ではなく、I could be rich now と言うと「いまごろ金持ちになれたよ」と言った感じの意味になります。

実際には宝くじに当たっていないという、現実ではない話ですので、間違っても will / can be と言ってはいけません。

ちなみに、上記の2例で定冠詞である the を使用していますが、これは会話をしている相手が、話の内容を知っていることを前提としているからです。

the の説明は 例文で説明!定冠詞 The の簡単な説明とその使い方 でします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク