英語学習者のバイブル Grammar in Use シリーズの紹介

SVO は意識しすぎないほうがいい

英語学習で SVO の説明をしないほうがいい2つの理由 で説明していますが、英語を学習する上で SVO などを意識しすぎるのは、デメリットのほうが大きいと感じます。

英語学習において、Forest やチャート式を使用することを、全否定はしません。

ある程度英語が理解できてきた頃に読んでみると、新たな気づきが得られることもあります。

ここでは、初学者の方が英語を学ぶ上で、非常に有益と感じる書籍を、3つほど簡単に紹介させていただきます。

紹介するのは Grammar in Use という、英語のテキストの中では世界的ベストセラーと言ってもいいほどの好評を得ているシリーズです。

現在では辞書なしで洋書をスラスラ読むことのできる私も、英語の初学者だった時代にお世話になった思い出のあるテキストです。

私の英語の基礎となったシリーズ

ひとつだけ聞きたいことがあるのですが、皆さんは以下のどちらですか?

  • 英語学者になりたい
  • 単に英語ができるようになりたい

前者の人であれば、日本国内で販売されている書籍を購入し文法を徹底的に学ぶことをオススメします。

それは英語を他者に教えるときに、その言語構造を一般的に知られている枠組みで伝える必要性が出てくるからです。

つまり英語を頭で理解する必要があるのです。

では後者の人はというと、これは少し事情が違うというのが、私の率直な考えです。

英語ができるようになりたい理由は「仕事で必要」、「外国人と会話してみたい」や「外国人の恋人が欲しい」など様々でしょう。それはなんでもいいです。

はっきり申し上げると、英語を体得するのに「分詞構文」や「無生物主語」などのような文法用語を知っておく絶対的な必要性はありません。

私は英検1級と、それより上位と言われている国連英検特A級の両方を一発で合格していますが、上記のような文法用語はその当時知りませんでした。

もちろんそのような構造を持った英文を見ればすんなり意味は理解できますが、単純に用語を知らなかったのです。

これって別に問題ないですよね。

英語は理解できればいいんですよ?

上で「体得」と言ったように、つまり英語を体で覚えてしまうということです。

ちなみに、私も英語を勉強することを決心したとき一番初めに購入したのは、「表現のための実践ロイヤル英文法」という堂々たる風格を持つ文法書でしたが、買ってみたものの特におもしろみのない内容に気落ちしてしまい、すぐに投げ出してしまいました。

そこで、色々と探した挙句たどり着いたのが今回紹介する Grammar in Use シリーズです。

イラストが多く、読んでいて単純に「おもしろい!」と思わせる魅力を秘めた学習書です。

まあ、日本語で書かれた文法書で挫折した私が続けれたくらいですからね。。。

このシリーズで英語のエッセンスを覚えたのが、現在の私の英語のベースです。

では簡単ながら紹介していきます。

Essential Grammar in Use

まず初めは『Essential Grammar in Use』です。

英語を勉強し始めた、完全な初学者向けのテキストです。

内容を画像で掲載します。

Essential Grammar in Use

上の画像は、現在進行形を扱ったページです。

日本語の文法書でありがちな、ややこしい説明文はありません。

これでいいのです。

英語のエッセンスを知るのに、なぜ回りくどい説明が必要なのでしょうか?

Essential Grammar in Use

文法を学んだ後は、練習問題となります。

日本語での説明文がなく、英語のみの解説となりますが、初学者を対象にしていて全体的に非常に易しい作りとなっているので、相当な英語アレルギーがある人以外は大丈夫だと思います。

English Grammar in Use

次は『English Grammar in Use』です。

Essential Grammar in Use の次のレベルといったテキストです。

English Grammar in Use

上の画像は、現在進行形と現在形の比較の説明です。

以下は当ページから抜粋です。

I always do (something) = I do it every time:
    □ I always go to work by car. (not I’m always going)

日本語で説明をするのであれば、

I always do というのは、いつもすることを表現する。

I always go to work by car.
(私はいつも車で仕事に行きます)

“I’m always going to work by car.” という言い方はしない。

分かりやすくないですか?

Raymond Murphy さんという、ネイティブの方が出版している英語のテキストですが、これでよいと、その方は考えているのです。

私も全く同感です。

English Grammar in Use

文法を学んだ後は、練習問題となります。

問題3.1 の一部を以下に抜粋します。

3.1 Are the Underlined verbs right or wrong? Correct them where necessary.

    1 Water boils at 100 degrees Celsius.      OK              

    2 The water boils. Can you turn it off?     is boiling        

「下線が引かれている単語が正しいかどうか、間違っていれば訂正せよ」という問題です。

1番目は「水は摂氏100度で沸騰する」なので、絶対的事実を述べるときに使用する現在形の boil で文章としては正しいです。

訂正の必要はありません。

2番目は、Can you turn it off? (切ってもらえる?) と、後に続く文章に要求が書かれているので、まさにいま沸騰しているということでしょう。

なので、is boiling と訂正するのです。

このような問題で、現在形と現在進行形のニュアンスをつかんでもらおうということです。

ちなみに今かなり重要なことを言いましたよ。

  • 現在形:絶対的事実を表す
  • 現在進行形:現在発生している事象を表す

もちろん両者にはもう少し深い意味がありますが、いきなり全てを覚える必要はありません。

ステップバイステップで学ぶことが、英語を続けるためには重要です。

Advanced Grammar in Use

最後は『Advanced Grammar in Use』です。

English Grammar in Use の次のレベルで、このシリーズでは最上位となります。

Advanced Grammar in Use

上の画像は、過去形と現在完了形の比較の説明です。

D の項目に、ニュースキャスターと思われる女性が、現在完了形と過去形の両方を使用し、レポートを読み上げる場面が掲載されています。

このようにして、たまにイラストをはさんでいるところが Grammar in Use シリーズのいいところです。

つまり学習者を飽きさせない工夫ですね。

Advanced Grammar in Use

文法を学んだ後は、練習問題となります。

問題3.1 の一部を以下に抜粋します。

3.1 Complete each sentence with a verb from the box. Use the present perfect or past simple, with a negative form where necessary.

have go oversleep read spend wear

1 A: Shall I make us some dinner? It’s already eight o’clock.
   B: No, thanks. I              to the dentist this afternoon and
       my mouth hurts too much to eat anything.

「点線が引かれている箇所を、指定された単語からひとつ選び、現在完了か過去形に置き換えて埋めなさい、必要であれば否定形にしなさい」という問題です。

抜粋した、1番目の問題は、A の「すでに8時だから晩御飯を作ろうかしら」という問いかけに対しての B の返答が質問です。

B は「今日の昼に歯医者に・・・」なので、答えは「行った」でしょう。

指定されている単語の中から go を選択し、過去形の went に書き換えると正解になります。

なぜ現在完了形ではなく、過去形なのかというと「今日の昼」と時期が明確になっているからです

ここのところは 例文で説明!過去形と現在完了形 の違いとその使い分け で説明しています。

このように、構文のニュアンスをつかむというのは、非常に大切です。

紹介した3つの書籍は、英語を学ぶ上で、皆さんの重要な基礎となることは間違いないでしょう。

Grammar in Use のデメリット

いいところばかり宣伝しているのでは不親切なので、ここで Grammar in Use シリーズのデメリットを記しておきます。

  • 説明から問題まで全てが英語で記述されている
  • 値段が高い

デメリットは以上に尽きると思います。

本当に右も左も分からないような人が使用すると失敗する恐れがあるので、購入は控えほうがいいかもしれません。

はっきり言わせてください。

Grammar in Use シリーズで失敗したら

あなたの英語人生は終了です。

全世界規模でベストセラーとなっている書籍を投げ出したら他にどのような学習書が残るのでしょうか?

英語の初学者向けとは言え、最低でも so や because 程度の単語は理解できるくらいの英語力を身に付けてから購入することをオススメします。

値段が高い」というのはそのままです。

まあ3,000円程度するので、安くは無いですよね。

ただし、その価格で英語が好きになれるであれば決して悪い話ではありませんよ。

そうです。Grammar in Use シリーズを使用すると英語が好きになるのです。

ちなみに、初めに「表現のための実践ロイヤル英文法という文法書を購入したけど挫折した」と述べましたが、これには後日談があります。

英検1級に合格した後、本棚でホコリをかぶっている実践ロイヤル英文法を取り出し、中をペラペラとめくって見てみたのです。

するとどうでしょう・・・

内容が超明快に理解できる!

これには私自身本当に驚きました。

英語初学者の当時は全くといっていいほど意味が分からずに放り投げていた文法書の内容が、ものすごく簡単に理解できるのです!

そのときに率直に思ったことが、「なんで自分が簡単に理解していることを、こんなにややこしい方法で説明しているんだ」ということです。

日本国内で発売されている文法書では往々にしてあることです。

私が Grammar in Use シリーズを続けることができた理由がそれなんですね。

つまり「ややこしい英文法は抜きにして、英語のエッセンスをストレートに伝える」です。これがこのシリーズの根底にはあるのです。

皆さんが同様に投げ出してしまった文法書があるのであれば、それは取って置いてください。

そして Grammar in Use シリーズで英語を学び、自身の英語力が向上したことをハッキリと実感したときに、またその文法書を開いてみてください。

過去に読むことをあきらめてしまった文法書が、とても簡単に理解できるようになっていると思います。

あなたの英語の基礎を作るために、また英語を大好きになるために、Grammar in Use シリーズ始めてみませんか?


自身を英語の初学者だと考える人は以下の赤本をオススメします。

正真正銘あなたの英語力の基礎固めとともに、英語を好きになるための最初のステップだと理解してください。

英語は少しは理解できると言う人には以下の青本をオススメします。

英語中級者になるためのステップだと考えてください。

最後は英語の上級者になるための学習書である緑本です。

英語はある程度できるが、微妙なニュアンスで理解できていない箇所があるという人にもオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク