洋書を読むことの大切さ

英語力を磨きたいのであれば洋書

reading-a-book

英語を勉強している方で、リーディングに力を入れている人は少ないように思います。

結論から言うと、それでは英語は上達しないでしょう。

英語力を磨きたいのであれば、とにかく洋書を読みましょう。

リーディングはしないけれど、外国人の友人はたくさんいるという人をたまに見かけます。

英語を母国語とする外国人の友人が多いということ自体はとてもいいことです。

ただし、それらの人たちの能力は、日常会話のスピーキングとリスニングに偏り過ぎているということがよくあります。

外国人の方との日常会話は流暢にこなすのに、実際は英検準1級すら合格できないという人たちを数多く見てきました。

根本的な英語に対する理解が足りないのです

リーディングをしないことの弊害 (へいがい) でしょう。

洋書が英語の理解を深める

※洋書とは必ずしも「英語」で書かれた書籍に限定しないですが、ここでは英語を前提とします

日本人が「英会話」というとき、それはほぼ全てのケースで「日常会話」でしょう。

日常会話を否定するつもりはありません。

スピーキングの基礎となるので、とても大切です。

ただし、英語に対する理解を深めるには、リーディングは必須 です。

洋書はネイティブ向けに記述されているので、英語が持つ本来の意味が、ネイティブの感覚でそのまま表現されています。

また、出てくる単語やイディオムの数も日常会話の比ではありません。

english-book

つまり、本当の意味で「英語の世界」を体感できるのです。

さらに、洋書を多読していると、英和辞書には載っていないような、それぞれの単語が持つニュアンスがつかめるようになります。

また、リーディングを続けると同時にスピーキング時の表現力が向上します。

会話で使用できる単語やイディオムの数が増えるからです。

外国人の友人を数多く持ち、スピーキングのみを実践している人たちは、流暢に英語を話しているように見えますが、実際の会話の内容は小学生レベルということが多々あります。

さらに、リーディングを続けると同時にリスニングの能力が向上します。

理由は簡単で、聞き取れる単語の数が増えるからです。

日常英会話のみをしている人たちは、そうはいかないでしょう。

誰も実践しない

いままで多くの人たちから英語の習得方法の質問を受けました。

そのたびに、洋書を読むことをすすめています。

ただし、実践した人はひとりもいません。

英単語を覚えるのが面倒という事とともに、そもそも活字を読むのが好きではない、という人が多いです。

ただし、あなたが義務教育で学ぶ英語ではなく、本物の英語を習得したいというのであれば、リーディングは避けて通れません。

迷わず実践しましょう。

当サイトの 洋書一覧 にて書籍の紹介をしています。

そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク