英語初学者でハルキストの方は Haruki Murakami はいかが?

ストーリーを知っている洋書を読む

haruki-murakami
画像:朝日新聞 DIGITAL

あなたは英語初学者ですか?

そして村上春樹氏の小説が好きですか?

そして仮におすすめの洋書を探しているのであれば、Haruki Murakami を手にとって見てください。

ストーリーを知っているので、意味がないと思われたら大きな間違いです。

それは根本的に順番を間違えているということを説明します。

初学者は無理をしてはいけない

初学者は無理をしてはいけません。

あなたが洋書を読むということで、理想とする目標はどのようなものですか?

それは最終的には、「好きな洋書を辞書を使わずに、楽しんで読めるようになる」ということではないでしょうか。

楽しんで読むという思いが根底にあるがために、ストーリーを知っている洋書は避けているというのであれば、その考えは改めましょう。

そもそも英語初学者に洋書のストーリーを味わって読むなどという余裕はありません。

1ページ開くと、知らない単語だらけで、ろくに先に進めないはずです。

それは誰もが経験します。

上でも聞いたように、仮にあなたが英語初学者であり、村上春樹氏の作品が好きなのであれば、それらの英語版をむしろ読んだほうがいいでしょう。

つまり、ストーリーを楽しむということよりも、英語そのものに慣れることが先なのです。

英語初学者にとって洋書を読むという行為は、仮にあなたが読書好きであっても、一種の苦痛を (ともな) います。

数々の困難に打ち勝ったその先に、「好きな洋書を辞書を使わずに、楽しんで読めるようになる」という未来があるのです。

好きな作家さんの作品であり、物語を知っているのであれば、その困難を乗り越えられる可能性が高くなります。

とりあえず、英語というものに慣れましょう。

Haruki Murakami の短編集

いくら村上春樹氏の作品が好きだからといって、いきなり物語単体で300ページ以上あるような洋書に手を出すのはやめたほうがいいでしょう。

挫折するのがオチだからです。

そこでおすすめするのが村上春樹氏の短編集である『The Elephant Vanishes』です。

短編集であれば、個々のストーリーが短いので、気楽に読むことができます。

また、ひとつのストーリーを読み終えたという達成感も得やすいでしょう。

the-elephant-vanishes-abroad

海外の Amazon の総合評価も高いので、翻訳の精度も高いと考えていいでしょう。

短編集といえど、本全体では300ページ以上あります。

これを長編作品へとつながる、初めのステップとして考えればいいと思います。

洋書を選ぶ際の選択肢として Haruki Murakami も入れてみてはいがかでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク