例文で説明!Think と Suppose と Believe の違いとその使い分け

Think と Suppose と Believe

英語を学習していると、複数の英単語が同じ日本語の意味を共有しているというケースに度々出会います。

thinkbelievesuppose などが、その典型でしょう。

これらは全て「~と思う」と訳されることがあります。

ただし言葉が違う以上、それぞれが持つ意味合いも違うと思ったほうがいいでしょう。

それを説明したいと思います。

「思う」度合い

think と believe と suppose を以下のケースで比べてみましょう。

I think we should have taken that situation seriously.

I believe we should have taken that situation seriously.

I suppose we should have taken that situation seriously.

なにも考えずに翻訳すると、3つ全てにおいて「私たちは、あの状況を真剣に受け止めるべきだったと思う」とされてしまいそうですが、そこにはニュアンスの違いが存在しています。

答えを言ってしまうと、それぞれの「思う」度合いが違います。

以下がその度合いです。

suppose < think < believe

believe に限って言えば「信じる」という意味でもよく使われるので「思う」度合いが強いことは簡単に想像が付きます。

問題は think と suppose です。

「思う」というのは、対象となる事柄に対しての確信性とも言えますが、think は人によって度合いが50~70%までと多少幅があります。

suppose は単純に「think というほどの自信が無いときに使用する言葉」と覚えておくといいでしょう。

つまり、いくらかの疑念がある場合の「思う」です。

Think と Suppose

think と suppose のみに焦点を当てて考えてみましょう。

pension

以下のケースを見てください。

Are there any possibilities that we will receive pension benefits less than the present beneficiaries?

I think (suppose) so.

私たちはが受ける年金給付は、現在の受給者より少なくなる可能性はあるかな?

そうだと思うよ。

この場合に限らず、think が持つ意味合いは基本的に中立にで、単に「そう思う」という意味合いが強いです。

ですので、言い方にもよりますが、議論をしているときに相手の感情を害す恐れが少ない言葉です。

suppose は少し違います。

こういったネガティブな状況で使用する I suppose so という言葉からは、あきらめの気持ちを感じさせます

このような違いが、わずかながら存在します。

ただし多くのケースで think と suppose は、ほぼ同じような意味合いで使われています。

「think というほどの自信がない場合は suppose を使う」と覚えておくのが一番簡単でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんなささいなコメントでもウエルカムです。全てに返答いたします。

フォローする

スポンサーリンク